利便性高い|業種に合わせたコンタクト管理|頼れる在庫管理システム
スーツの人達

業種に合わせたコンタクト管理|頼れる在庫管理システム

利便性高い

男女

特許申請も庶民化の傾向あり

特許申請というと、発明家や企業が取得する特別なものとして思われていた時代は過ぎ去り、今は、民間人がどんどん取得する時代になってきている。特に家庭の主婦が生活の智慧として提案したアイデアが採用され、特許を取得して、かなりの収益を上げている例も少なくない。今では、特許申請は弁理士に依頼しなくても、民間の団体が丁寧に指導してくれるので、割安の会員になって、アイデア募集の企業テーマーに基づき、企画書等を提出し、採用されてから、特許申請をするパターンも増えている。これだと、採用されてからの特許申請なので、申請にかかる費用が無駄にならないメリットもある。生活に役立つ商品は、生活に直接拘わる庶民の身の回りにそのヒントが数多く存在し、特許申請のチャンスも次第に庶民化しつつあるといえる。

創意工夫を楽しむ習慣を身に付ける

特許を申請するに当って素人にとって比較的難しいのが、先願特許が既に出されているかどうかの調査である。先願があれば、特許は当然のことであるが取得できない。従って、その事を含めて、アイデア募集の企業が今では沢山あるので、其れを調査して応募すれば、採用に値する場合は、企業の方で調査してくれる場合いもある。民間団体の会員になっておけば、調査も特許申請も親切に指導してくれる。特許申請における基本的なことは、アイデアの中身そのものであることは言うまでもない。介護用品、生活用品ペット用品等、生活の変化に伴い必要となってくるのも、改善を必要とするものは次々と生まれてくる。この様な時代は、創意工夫を楽しむ習慣を身につけ、周囲の目配りを怠らないようにしていくことが、知的財産を掴むチャンスに恵まれることになると思う。